しまなみIPAビールとは?

しまなみIPAラベル2016年10月15日(土)、16日(日)に開催されるおのみちBEERフェスタ2016で新発売を予定している「しまなみIPAビール」は、われわれおのみちBEERフェスタ実行委員会の発案により開発が始まりました。

発案にいたったきっかけについて少し語らさせてください。

おのみちBEERフェスタを記念して造られる、しまなみIPAビールのラベルが完成しました!でも書かせていただきましたが、われわれおのみちビアフェスタ実行委員会は、昨年(2015年)愛媛の梅錦酒造さんの呼びかけに賛同し、松山市初のビアフェスタとなった松山ビアフェスタの開催に携わりました。そして松山でのビアフェスタを通じてさまざまな方と知り合うことができました。

さて、われわれにはおのみちBEERフェスタの名物になるような、自分たちのビールを造りたいという気持ちをずっと持ち合わせていました。

そしてそれを松山ビアフェスタを通じて知り合えたクラフトビールファンたちとのご縁を記念したビールにし、さらには松山ビアフェスタからおのみちBEERフェスタへと渡るクラフトビール普及のための架け橋になるようなビールとして提案してみてはどうか、という声が自然とわれわれの中から上がりまして、そのことを梅錦酒造さんに伝えてみると、じゃあうちで造りましょうとありがたくもご賛同いただいたのが、「しまなみIPAビール」開発の発端でした。

しまなみIPAビールのイメージ

しまなみをビール名に入れることはすぐに思いつきました。松山から今治にいたり、さらに尾道まで結ぶ道がしまなみ海道だからです。また、しまなみを題材にするビールならIPAビールが考え浮かびました。それはふたつの理由からです。

水軍船

ひとつは戦国時代以前にしまなみ海道辺りを根城にしていた村上水軍のイメージです。ホップをふんだんに使ったIPAビールのエッジの効いた苦みは水軍の荒くれ者たちを連想します。

もうひとつはしまなみ海道はちょうど瀬戸内海の中間に位置するためです。一見瀬戸内海は穏やかな内海に映りますが、その内海の四つの海峡、すなわち関門海峡、豊予海峡、紀淡海峡、鳴門海峡を通り、干潮から満潮まで潮が流れ込んで来るため、しまなみ海道辺りの瀬戸の中間帯は激しく潮と潮がぶつかり合い、せめぎあいます。そのため干満の差は4メートル以上にも達します。

しまなみ海道

昔の船は潮を利用して航海したため、潮流の向きが変わるまでの潮待ちの港として鞆の浦や尾道の町は栄えました。それはさておき、しまなみ海道辺りの海中の潮は非常に荒々しい様となっています。このことからも通常のペールエールよりももっと苦味、アルコール、ボディ、香りがパワーアップしているIPAがふさわしく思えたのです。

一方瀬戸内海は四方を山で囲まれているため風は弱く、凪と時と呼ばれる無風になる場合もあります。この穏やかで爽やかな、凪の時もある潮風をも合わせてビールの中で表現しなければなりません。この穏やかさ、爽やかさを出す方法は仕込み水を中軟水にすることで表すことができました。

これによりしまなみIPAビールは、ホップをふんだんに使用したことからくるエッジの効いた苦味と、瀬戸内海の潮風をほうふつとさせる爽やかさを兼ね備えたくせになるビールになりました。

IPAとは

IPAさてIPAとはどんなビールなのでしょうか。

IPAは、インディア・ペールエール (英語: India Pale Ale)と呼びます。

インディアナ・ペールエールのうちのペールエールはイギリスやベルギーでは定番のビールです。上面発酵で作られるエールと呼ばれる種類の中でも最も人気の高いスタイルです。ペールエールとはその名の通り、淡色(ペール)な上面発酵(エール)のビールです。

18世紀頃、イギリスの醸造家がこのビールをインドに輸出しようとしました。ところがご存知の通りインドは大半が亜熱帯で暑いです。そのため通常のペールエールでは長期保存が効かず腐ってしまったのです。そこでペールエールをインドへ輸送する際に、長期保存に耐えるため大量のホップを使用して防腐処理をしたことで、このIPAの味が生まれたと言われています。

IPAビールとは、通常のペールエールよりもより多くのホップを使用しており、苦味、香り、ボディが強く、高いアルコール度数を持っているビールである事がその定義とされています。

しまなみIPAビールと料理とのマリアージュ

シシケバブ

一般的にIPAは肉料理に合うとされています。牛フィレステーキなど濃い味の食べ物に、余韻にまで旨みと苦味がしっかりと残るIPAがピタッとマリアージュするのです。

ただし味覚というのはあくまでも個人的な嗜好ですので、お好きなモノを合わせればよろしいかと思います。ブルーチーズやパルミジャーノなどのチーズ類、ゴーヤチャンプルーも苦味と苦味でおもしろそうです。単純にガーリックバタートーストと合わせて、などなど。夢がふくらみますね。

スペック

造り手 梅錦山川株式会社
販売者 株式会社浜岡商店
タイプ IPA(無濾過生ビール)
内容 330ml瓶
アルコール分 5.5%
飲み頃温度 8~12℃
原材料 麦芽、ホップ
販売価格 490 円(税別)

販売スケジュール

  • 10/15日(土)おのみちBEERフェスタにて新発売
  • 同日以降備後地方酒販店にて随時販売開始予定
  • インターネット通販では、ただいま銘酒の作右衛門オンラインショップにて販売中。

しまなみIPAイメージパイレーツ

コメントを残す